家を建てるブログ

引っ越し先の準備にも力を入れましょう

引っ越し先の準備にも力を入れましょう

私の引っ越しで苦労した点は引っ越し後のかたずけです。引っ越し先は夫の実家でした。義父がなくなり、認知症を発症した義母の一人暮らしが困難になった為、実家に戻ったのです。
引っ越し先というと部屋に荷物は全くない状態がほとんどですが、私達は違っていました。夫の両親が長年生活してきた家でたくさんの家具や生活用品があります。認知症の義母は掃除やかたずけは十分ではありません。そんな実家は物であふれていました。そこに私達の引っ越し荷物が加わるのですから更にたいへんなことになります。引っ越し直後は荷物で足の踏み場がなく、布団を敷くスペースがないので夜眠る時は雑魚寝です。
自分達の荷物の荷ほどきも、義両親の不要家財を処分してからでないと始められません。トラック数台分の不要家財を処分し、ようやくスペース確保して引っ越し荷物がかたずきました。
高く積み上げられた引っ越し荷物の段ボール箱から解放され布団を敷いて眠れるようになった頃は、引っ越しから数ヵ月が経っていました。
私達は引っ越し前の準備が不十分で、このような苦労をしました。引っ越し前の休日を利用し夫の実家の壊れた電化製品は処分しましたが、自分達の荷物を入れるスペース確保には十分ではなかったのです。県外からの引っ越しで遠距離な為なかなか実家に帰れなかったことと、引っ越し前に認知症の義母の入院先を探さなければならず時間がそちらにとられたこと。この二点が引っ越し前の準備を難しくした原因でした。
これから引っ越しをされる方達で私達のように引っ越し先が物であふれていたら、可能な限り不要家財の処分等を行い、前準備に力を入れておくことをおすすめします。

ホーム RSS購読 サイトマップ